生活保護申請を行うときに知っておくべき知識についてご紹介

愛車は手放さないと生活保護申請はできないのか

小さい子供

生活が厳しく生活保護申請をするか迷ったときに、自家用車を持つ人は気にかかることが出てきます。80年代に若い世代や働き盛りの頃を迎えていた人にとって、景気の良い時代ですから車を持つのは、一種のステータスの表れでした。今とは比べ物にならないほどバブルの時代は、たとえ学生であっても不思議なくらいにお金があって、世の中自体の金銭の流れも順調だった夢の時代です。その時代を経験していると、誰もが自分の愛車を持っていて、今では考えられないくらいの高級車に乗る人も少なくはありませんでした。ところが今では高級志向を追い求める人は減少し、車自体持たないというケースも少なくはありません。夢の時は瞬く間に過ぎて今の国内の経済の巡りは良いとは言えず、生活保護申請を検討する人も増えました。まず愛車を所有している人にとって気がかりなのは、車があることで生活保護申請ができないのではないかという不安です。昔であれば暮らしを支えるものとして、自動車は重要な資産の位置づけでした。ところが今は自動車の価値はさほど高くはなく、愛車があろうとも生活保護の要件に当てはまるなら受給の対象です。結論を言えば車があるからといって、生活保護申請ができないということはありません。

Choice Posts

»More Contents

Post List

TOP