生活保護申請を行うときに知っておくべき知識についてご紹介

暮らしの困窮レベルのわかる書類を生活保護申請相談時には持参する

老人の背中

スムーズに相談が進むように、生活保護申請の話で福祉事務所へ行く際には、日々の暮らしに困り果てていることを、証明できる何かを持参することです。生活保護申請をする人はお金がなく、毎日の生活さえままならないですから、窓口では口頭だけではなく一目見てわかる書面などがあると伝わりやすくなります。厳しい暮らしを伝えるには、お金がないことを示す必要があるので、いくつかの書面が生活保護申請相談時の味方です。他人に見せるのは抵抗があるという人も少なくはないものの、もはやほとんど残高のない預金通帳を持参すれば、本当にお金がないとわかります。収入を得ているとしてもあまりにも少ないなら、生活を支えるほどの稼ぎがないことを、給与明細で示すのもひとつです。あらゆる公共料金の請求書であるとか、賃貸物件暮らしなら家賃の請求書もあります。収入源を失い失業状態であれば、雇用保険受給資格者証や離職票も一目瞭然です。健康上のことで働けないなら、これまでの通院記録だとか病院の診断書、障害者手帳等を用いて疾患を持っていることを証明することができます。少し手間に感じるかもしれませんが、書面で困窮のレベルが高いとわかるものがあると、生活保護申請相談も進みやすくなるので、できるだけ集めてから福祉事務所へ行くことです。

Choice Posts

»More Contents

Post List

TOP