生活保護申請を行うときに知っておくべき知識についてご紹介

必要書類を全て揃えたうえでの生活保護申請を

家族で肩を組む

いくつかの必要書類を全て整えて提出をすることも、生活保護申請においては必要な工程です。窓口で提出をすることになる生活保護申請のために、準備をするべき書類は全員が必要な物と、状況に応じて必要となるものがあります。そのため生活保護申請をする全員が、一律で同じ書類というわけでもありません。ちなみに全員が必要となる書類としては、生活保護のための申請書や申告書、本人確認書類も必須です。本人が確認できることになる証明書類に関しては、顔写真もある自動車の運転免許証などは最適ですし、同じく顔写真のあるパスポートも使えます。近年スタートをしたマイナンバーカードや、住民基本台帳カードなどでも構いません。他にも印鑑と健康保険証も必ず用意をして、生活保護の申告書に関しては2枚あるため要注意です。1つは資産申告書になりますので、本人の資産面に関して正直な申告が求められます。銀行に預けている預貯金に現金をはじめ、生命保険関連に持っている不動産や、借り入れがある場合は借金についても嘘偽りはタブーです。収入申告書がもう1つの申告書であり、家族皆の収入内訳を書いて、交通費だとか経費も記入し、ほかには勤務先等も書くことになります。

Choice Posts

»More Contents

Post List

TOP