生活保護申請を行うときに知っておくべき知識についてご紹介

失業手当や年金受給があっても生活保護申請ができることも

手を握る

公的保険制度としてあるのが失業保険であり、転職活動を始めて退職をしても、しばらくはこの制度のおかげで生活にも困ることにはなりません。一時的に失業をしたとしても、再びどこかの会社に就職をすることができればよいわけであり、その支援として失業保険はすでに多く人が活用している制度です。しかし失業保険で一定の金額を受け取っていると、生活保護申請はできないのではないか、そんな些細な疑問は生まれてきます。一刻も早く再就職のできるようにある失業保険が、生活保護申請のネックになるかもしれない不安です。高齢者の場合は年金受給がスタートしていて、年金で暮らしていることもあります。この場合失業保険同様に、給付金を受け取っていることから、やはり生活保護申請は無理なのではないかと考え、相談以前に諦めてしまうかもしれません。様々な手当の受給を受けていたとしても、受けとる金額が非常に低い場合は、生活保護が絶対に受けられないということもないです。最低レベルの生活費を考えたときに、受給されている金額がさらに下回っていたとしたら、給付があってもまともな生活などできません。最低限度の生活さえできない受給額では、生活自体が成り立ちませんので、生活保護申請を出して生活保護を、その差額分受給というのが最善の方法です。

Choice Posts

»More Contents

Post List

TOP